〒710-0824 岡山県倉敷市白楽町174-1

086-421-5252

倉敷市白楽町 整形外科・リハビリテーション科の 坂本整形外科クリニック

トップページ医院案内設備紹介医師の紹介交通案内

頚椎・腰椎疾患

Contents

 

晴れやかネット

当院は「晴れやかネット」に
参加しています。

トップページ»  頚椎・腰椎疾患

頚椎疾患

頚椎疾患

頚椎が悪いから頚部が痛いのではなく、神経が圧迫されることで起きる症状が問題になります。圧迫するものは骨棘(年齢的に発生する余分な骨)、椎間板ヘルニアなどが主なものです。(ヘルニアというのは体内の臓器が本来あるべき部位から脱出することを言います。脱腸も医学的には「鼠径ヘルニア」といいます。)
圧迫される神経が、脊髄本幹か、そこから分岐する神経根かで症状が異なってきます。

1)脊髄の症状

両側の手足のしびれ、運動障害などが主な症状です。箸が使いにくい、ボタンかけがしにくい、歩行がしにくいなどの症状になります。

2)神経根の症状

片側の腕や手のしびれ、痛み、片側の肩甲骨あたりの痛みなどが主な症状です。
通常左右どちらかの症状になります。

腰椎疾患

代表的な病気が2つあります。

1)腰椎椎間板ヘルニア

腰痛だけでなく、片側の臀部から足にかけての痛みやしびれが出てきます。いわゆる「坐骨神経痛」という症状です。坐骨神経痛を引き起こす代表的な病気が椎間板ヘルニアとお考えいただければいいと思います。
痛みの程度は様々ですが、安静時にも痛いことが多いです。若い年代に比較的多い病気です。椎間板が片側の神経根を圧迫して起きる症状です。頸椎疾患の 2) に似た状態です。

2)腰部脊柱管狭窄症

腰痛だけでなく、両足のしびれ、痛みが出てきます。代表的な症状は「間欠性跛行」といわれる症状で、安静時はどうもないのですが、歩くと足が痛くなったりしびれたりして歩けなくなるのですが、休憩したらまた歩けることが多いです。本来ある靭帯がぶ厚くなったり、骨棘(余分な骨)などができて神経を圧迫して起きる症状です。

検査・治療について

上記疾患の診断はレントゲンのみでは困難な場合が多く、基本的にMRIを撮影しないと確定診断はできません。
神経や椎間板はレントゲンでは写らないからです。当院にはMRIは置いていないので、大きな病院に検査を依頼して、検査結果は当院でご説明させていただきます。
治療としては原則まずは保存的治療(手術以外の治療)を行います。お薬を処方したり、牽引などの物理療法を行ったりします。
また、頚椎疾患の神経根の症状腰椎疾患の腰椎椎間板ヘルニアに対して、痛みが激しく、飲み薬などでコントロールできない場合は、頚椎神経根ブロック、腰椎神経根ブロックも行います。レントゲンを見ながら(透視といいます)、圧迫されている神経根に直接注射をして、痛みの原因を確定し、痛みの軽減も目指します。これは倉敷中央病院で長年行われている治療と同様の治療になります。
もし保存的治療で症状が改善しないときは、相談の上、倉敷中央病院や、希望される病院に紹介させていただきます。

ページトップへ